姿形のメンズファッション
ホーム > 子供の身長伸ばす > 子供の身長が伸びない!食事から改善するオススメの方法について

子供の身長が伸びない!食事から改善するオススメの方法について

親にとって子供のことで心配なのは健康面です。

 

もちろん、ずっと健康で怪我もなく丈夫に育って欲しいというのが切なる願いです。

 

そして、健康面以外に親にとってきになる部分があります。

 

それは、他の子供との見た目の違いです。

 

例えば、他の子供より体型が太かったり、痩せていたり、身長が小さかったり、大きかったりと他の子供と自分の子供が違っていると親としては気になってしまいます。

 

特に身長に関してはもう小学生なのに他の子供より10センチも違う。なんてことがわかったら、親としてもショックを受けてしまいますよね。

 

「なぜ、他の子供より身長が伸びないの?」「どうやったら伸びるの?」といった疑問が少なからず出てきます。

 

きちんと食事や運動をさせていてもなかなか身長が伸びない。

 

そういった時は食生活の中身が肝心になってきます。

 

では、今回は身長を伸ばすために大切な食生活について紹介してきます。

 

食事で身長を伸ばすために必要な栄養とは?

「身長を伸ばすためには、どういったものを摂取すればいいかわからない」と思っている親御さんも多いです。

 

そこで、身長を伸ばすために必要な栄養について紹介していきます。

 

<身長に必要な栄養素とは?>

・炭水化物

・タンパク質

・脂質

・ビタミン

・ミネラル

・食物繊維

 

この6つになります。

 

食事の取り方も大切ですが、食事の内容も大切になってきます。

 

厚生労働省によると、

・たんぱく質が25パーセント

・脂質が6〜1.3グラム

・炭水化物が50〜65パーセント

の量を推奨量としています。

 

一日に必要な栄養素を取らなくては、食事の取り方を改善しても身長が伸びるとは限りません。

 

 

食事の取り方で気をつけたいことは?

「身長が伸びないから食生活を変えてみようと思ったけど、何から始めていいかわからない」という親御さんもいますよね。

 

では、そんな時にまずは食事を取る上で気をつけなくてはならないことについて紹介していきます。

 

食事は必ず、朝・昼・晩と三食とるのが基本になっています。

 

食事は一食抜けてしまうだけでバランスが崩れてしまいます。

 

なので、まずは、食事は三食とるということは必ず、行ってください。

 

そして、「身長が伸びるために必要な栄養」の項目で紹介した6つの栄養バランスを三食に取り入れるようにしましょう。

 

1つでもかけてしまうと、身長の伸びが悪くなってしまいます。

 

なので、食事の取り方の気をつけるポイントとして、

・朝・昼・晩と三食必ず食べること

・バランスのとれた食事をすること

こと2つを気をつけるようにしましょう。

 

 

朝・昼・晩の食事の取り方のポイント!

朝・昼・晩としっかりと食べたり、バランスの良い食事を食べれるにはポイントがわからないということが多々あります。

 

朝・昼・晩と食事を取るポイントについて紹介していきます。

 

まず、朝です。

 

朝は、食べないで学校に行ってしまうという子供が年々増加しています。

 

しかし、それは一番ダメなことです。

 

なぜダメなのかというと、朝はその日活動する分のエネルギーを蓄えるために食べます。

 

子供は大人と違って、運動量も多いですしその分使うエネルギー量も多いです。

 

なので、朝食べないと身長を伸ばすエネルギーの代わりに運動したり

活動したりするエネルギーとして体に残ってあったエネルギーが

使われてしまうので朝は特にしっかりと食べなくてはいけません。

 

朝はパン派という人が最近多くなってきました。

 

しかし、パンはすぐにお腹が空いてしまいますし、エネルギーとして変換されにくいです。

 

なので、できれば、米を食べるようにしましょう。

 

米は脂肪などをエネルギーとして活用するために燃焼しやすくするという

効果を持っているので脂肪をエネルギーとして変換することによって、

他の残っているエネルギーを、身長を伸ばすのに必要なエネルギーとして使用することができます。

 

では、昼についてです。

 

昼は朝しっかり食べることによって、内臓も活発に活動しているのである程度自由に食べても問題ありません。

 

逆に朝食べないで昼にたくさん食べると体にも悪いですし、消化されにくくなってしまいます。

 

なので、朝しっかり食べてから昼もしっかりと食べるようにしてください。

 

夜ですが、内臓の動きが夜になるにつれて弱まってきます。

 

内臓の動きが弱くなるということは、エネルギーとして消化されにくいということです。

 

なので、なるべくですが大量のお肉などを摂取しないようにしましょう。

 

このように一日三食バランスよく食べたり、バランスよく栄養を取り入れることもよって、身長を伸ばすのに使われるエネルギーをしっかりと取り入れることができます。

 

また、朝食べないとまず内臓の動きも悪くなりますし、エネルギーとして変換されにくくなるので朝は一番重要になります。

 

朝食を食べるようにしましょう。

 

 

身長を伸ばしてくれる間食の仕方って?

子供にとっておやつはとても大切です。

 

ご飯以外にお菓子を食べれたり、甘いものが食べれたりする時間は大人でも幸せなひと時ですよね。

 

では、間食でも身長を伸ばすにはどうしたらいいのかについて紹介していきます。

 

<おやつのメニュー>

・ヨーグルト

・チーズ

・煮干し

この三種類はおやつとしても適していますし、満腹感を与えてくれます。

 

どれも、身長を伸ばすのに必要なタンパク質やカルシウムを含んでいます。

 

できるだけ。栄養価の高いものの方が体の成長に役立ちます。

 

「おやつも1つの栄養素」と考えて、たくさんではなく、栄養価のあるものを食べさせましょう。

 

 

子供がダイエットして良いの?

身長を伸ばしたいがためにご飯をたくさん食べさせたりしたら

「少し食べさせすぎて太ってきた?」

「身長を伸ばしたくて食べさせてたけどダイエットした方が良いの?」

といった疑問が少なからず出てきます。

 

太ってしまうと成長ホルモンの分泌が悪くなってしまったり、思春期が早くきてしまって身長が伸びなくなってしまったりします。

 

では、そういった場合にダイエットは子供がしても良いのでしょうか?

 

子供のダイエットについて紹介していきます。

 

せっかく、身長が伸びてきたと思ったら今度は太ってきたなんてことありますよね?

 

そんな時にダイエットさせようと考えますよね。

 

子供のダイエットはいい面もありますがもちろん悪い面もあります。

 

<メリット>

・子供は痩せやすい

・健康面の改善につながる

 

<デメリット>

・成長ホルモンのバランスが崩れてしまう

 

というのがメリットとデメリットになります。

 

子供は痩せやすいので親がしっかりと食生活の改善や運動をさせてあげることによってダイエットは成功します。

 

しかし、急激なダイエットは聖地ぉゆホルモンのバランスを崩してしまうことになります。

 

成長ホルモンのバランスが崩れてしまうと、身長が伸びなくなってしまう場合があります。

 

また、栄養不足が逆に身長を伸ばす妨げになってしまいます。

 

成長期のダイエットは筋肉や骨などに悪影響です。

 

なので、できれば過度なダイエットはやめてゆっくり体重を落としてあげましょう。

 

 

食べる時の雰囲気づくりも大切に!

子供の身長を伸ばす上で、食事のバランスも重要ですが食べる時の雰囲気も大切になってきます。

 

やはり、食事を楽しく食べなくては食事をしたくもなくなりますし、子供の成長ホルモンの分泌にも関わってきます。

 

リラックスして楽しい雰囲気で食事をするということは消化吸収やホルモンバランスを整えたりしてくれます。

 

成長ホルモンなどを分泌させることで子供の成長を後押ししましょう。

 

 

まとめ

ここまで、子供の身長の伸ばし方について書いてきました。

 

私も子供がいるのですが、身長が周りの子供よりも低くて体型も小柄で困っていました。

 

しかし、少し食生活の内容を変えたり、三食しっかりあげることによってだいぶ身長の伸び方も体型も変わりました。

 

最後まで読んでくださった方にも同じようにお子さんが身長が伸びることができるように願っています。